映画「パラサイト」感想(ネタバレ無し)

雑記感想

私は今回韓国映画を初めて映画館で見ました。

韓国ドラマは「冬のソナタ」という強いイメージはある

映画はというと良いとは聞いているがあんまり印象がない(私が見ていないだけ)

確か、映画「新感染ファイナルエクスプレス」が評価されていたのを聞いて少し興味が出たのは覚えているが、その時は劇場まで足を運ぶには至らなかった。

では何故今回は観に行こうと思ったのかといえば・・・やはり”アカデミー賞”だ。

要は私はただのミーハーなのだ

どうして評価されているのだろう?単純にそれだけ

職場の人に話のタネをというのもある

というか観に行くと宣言してしまったのが大きい

なので今さら引くに引けなくなり半ば不安を覚えつつの鑑賞であった。

どうして不安だったかというと・・・

暗い映画のポスター、家族写真に目隠し、そして題名のパラサイト(寄生)

これはホラー映画なのではないだろうか?という不安

大きな画面に怖いものが映るのではなかろうかと 

それは半分当たっていたが・・・(笑)

あまりネタバレ無しで話すと

私が当初思っていたよりも明るい雰囲気であったように思う

それは韓国の国柄のものだろうか?貧しさを笑い飛ばしている感じが好印象だった。

が徐々に笑い飛ばしても飛ばせようのない絶望感が地下から這い上がってくる様な・・・

物語が進むにつれてグラデーションの様に明から暗へと

絶望感と衝動の抑えきれない何かをBGMも上手く表現していた

もうね、嫌な予感しかしないという

それでいて役者のコミカルさも忘れない

なんだろう・・・韓国の女性って一般的にあんなに強いの??

母は強しとはいうけどお母さん最強でしたよね?(笑)

そんなコミカルさもアクションもあったりして終始飽きずに観れた様に思う。

あと映像が綺麗

半地下から豪邸へと移っていくので余計際立ったものがあるかもしれない

後半の場面の流れるようなカットも良かった

最後の場面でその後どうなったかで気になる点はあるものの

全体としてバランスが良くテンポもいい

無駄な感動押し売りも無い そして静かに終わる

終わった後になかなか現実に戻れなかった

「これは人ごとでは無い」そう思ったのだ

そう思えるくらいにはあの家族に共感していた。

自分の生き方も考えさせられる良い映画だったと思う。私は好きだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました