【スッキリする】心が不安定になった時の対処法

雑記感想
猫

はぁ、先輩を怒らせてしまった。

どうしてあんな事言ってしまったのだろう…。

仕事をしていると人間関係でこんな事ってないですか?

言うつもりじゃなかったのに、そういう意味じゃないのに伝わらなかった

後悔、悲しみ、いらだち、焦り

家に帰ってからいつまでも頭がその事でぐるぐるぐるぐる・・・

この悩んでる時間ってもったいなくありませんか?

そんな時に私が実践している対処法を教えます!

この記事を読むメリット!

  • 悩む時間を有効的に使える様になる
  • 悩むストレスから解放される
  • 頭がスッキリする

悩みを紙に書いてみる

あなたの頭の中は不安や悲しみでごちゃごちゃになっていませんか?

ごちゃごちゃの状態で物を考えていると不安な事はより強く感じるものです。

まずは悩んでいる事を一つ一つ書き出してみましょう!

書いてみると意外と悩んでいる事の数って少なかったりして

猫

あれ?あんなに悩んでいたのに私の悩みってコレだけだった?

と思ったり。まず、悩みの数をハッキリさせる事で心が少し軽くなります。

ごちゃごちゃの頭が整理されて解決方法を考えられる容量を頭に作ります。

そうしたらその悩みを解決するための方法を気のすむまで考えたり調べたりしたら良いです。

インターネットで検索すると似たような悩みの解決策っていっぱいありますからね

やはり自分だけで悩みを解決しようとすると一人よがりになりがちです

大いにネットを使って問題解決のヒントを探してみましょう!

考え方を変えてみる

怒られた、注意された、皮肉を言われたなどなど

どれも言われた直後は良い感情にはなれないですよね?

直後に悪い気分になるのはもう仕方ないです

私も家に帰ってから布団を叩いたりします(音が出ない様に)

でもしばらくして落ち着いてみたら考えてみてください。

怒られて・嫌味を言われて良かった事はなんでしょうか?絶対悪いことだけではないはずです。

例えば…

  • 怒られたけど次のミスを減らす事ができた
  • あやまり方を学ぶ機会になった
  • 自分の不得意な部分を見つける事ができた
  • 上司の新しい一面を見る事ができた(こういう人だったのかとか)
  • 精神的な弱さを克服する機会になった
  • 見返してやろうと思えた

などなど

こう考えてみると怒られてみるのも悪くないと思える様になります。

何もなかったら得られなかった情報だったでしょう。

悪い事が起こったかの様に思っていたけれど

良い方向に向かうためのきっかけにもなったり

こう考えると他人から怒られる事って結構ありがたいなと思えたりします。

寝る

上記をひたすらやったうえで

考え疲れたら寝ましょう!(途中でも眠くなったら寝る)

これが一番すっきりする方法で

起きたら私は結構どうでもよくなっている事が多いです

とはいえそれは前の晩にひたすら頑張って調べたからであって

何もしないで寝たら次の日も引きずっていたでしょう(というか寝れないです)

「問題解決に向けて自分はできる事はやった」

そんなふうに思えると、翌日にまた失敗があっても

自分はこの問題を解決する力を持っていると思えるので

そこまで落ち込まないですむと思います。

まとめ

私の自己流の悩み解決方法はいかがでしたでしょうか?

私のやり方なので個人差はあると思いますが

どんな悩みでもこの方法で対応できると思います。

それでも解決できない時は私は「めちゃくちゃに動く」をしています。

(帰り道に遠回りして歩きまくる、布団の上でひたすらじたばたする)

これは主に”怒り”の時ですが

動きまくると疲れるので”怒り”はおさまりますし

なにより眠くなります。ぐっすり寝て次の日スッキリした頭で解決策を考えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました